うつ病薬/正しい理解と治療が、うつ病患者を救います

うつ病薬

うつ病薬

 

 

 何がキッカケで発症してしまうのか。決定的な引き金の心当たりが有る人と、それと気づかず引き金が引かれてる人と居ますね。うつ病の怖い所は、思いがけない落とし穴が有る事ではないでしょうか。

 

うつ病なんて、よほど辛い経験が有ったんだろうと考えてしまいますが、勿論、実際、そういう、耐えがたい辛い経験が背後にある事も多いのですが、昇進・結婚・出産など、一見良い事が、嬉しいような出来事が誘因となってるケースも有ります。

 

真面目で几帳面で、仕事熱心で責任感も強くて、感受性が豊かで、常に全力で生きようとする人は、うつ病を発症しやすいというデータもあります。

 

 

うつ病の薬も今は副作用も抑えられた良い物が開発されてますが、まず自己判断は避け、専門医を受診して下さい。誤った治療は悪戯に長引かせる要因に成ります。

 

そうは言っても、出来るなら、うつ病に成るのは避けたいですね。深い話に入る前に、これだけは一つハッキリ言っておきたいのですが。決して、うつ病を発症した当人に非が有るわけではありません。

 

怠け癖が出てる訳でも、根性が無いわけでもなく。根本的に、脳内でも明らかに異変が起きてます。

 

うつ病を発症した時は、意欲・気分・思考に重要な作用を担うセロトニン・ノルアドレナリンの量が低下してしまってる事が解明されてます。また、脳の血流や代謝を見てみても言語や運動・精神活動を司る前頭葉の血流と代謝が低下した状態という事も判っています。

 

うつ病は他人事ではありません。受診する気力さえ無くしてしまう前にうつ病の薬を備えておきましょう

 

うつ病チェック

 

 うつ病の薬をイキナリ飲む前に、まず本当に自分が感じてる症状が、うつ病なのか否か、簡単ですが

 

うつ病チェックをしてみませんか?ここ2週間から1カ月の間のご自身、又は家族・友人等の事を振り返ってチェックしてみて下さい。疑わしい自覚症状が有りませんか?

 

例えば趣味を愉しめなくなった・気力が湧かない等気に成る症状が有れば、まずはチェックしてみましょう。

 

大事なのは、これだけの情報で自己判断をせずに、専門医に相談して判定して貰ってから然るべき治療に移って頂きたいと思います。

 

心の変化

身体の変化

何をしても愉しくない

下痢・便秘等の胃腸の不調が続く

とにかく不安で、焦る気持ちが強く出る

めまい・吐き気・頭痛が頻繁に起きる

過去の事でいつまでも悩む

食欲不振・体重が減った

趣味・テレビ・雑誌を愉しめなくなる

寝つきが悪い・寝すぎる

 

 

今挙げた症状は、なにも、うつ病にのみ出る症状ではないので、あくまでも、思い当たる点がある場合は専門医を受診してください。また、これ等がうつ病の総てではありません。一覧に挙げたのは一部です。

 

 

気に成る症状等は一人で抱え込まず専門医に相談です。間違った診断と治療は、当然ながら状況の悪化を招きます。適切な診断と治療が順調に行えたら次は日光浴も兼ねて散歩してみるのがお勧めです。

 

日光浴は、うつ病で減少してしまってるセロトニンの分泌を促してくれます。日光浴で適度に体を動かし人間が持ってる本来の自然治癒力を引き出したいですね。

 

うつ病チェックをしてみて、該当する場合は薬の力も借りて楽になりましょう、こちらを参照してください

 

うつ病症状

 

 うつ病の症状は心身共に多岐に亘ります。代表的な症状「不安・焦燥感」「億劫感」「憂鬱感」を自覚し

 

薄々気づき始めるのではないでしょうか。しかし、これ等の症状・感情は何も、うつ病に罹ってなくても

 

時折、何かのキッカケで感じる物ですね。ただ、細かく分析していくと、うつ病の際に感じる、これ等の症状に幾つか特徴が有るので挙げていきたと思います。

 

まず、不安・焦燥感ですが、将来を考えると不安になる事は誰でもあります。現状が継続されてしまえば将来は真っ暗と焦る気持ちに成る事も時にあるでしょう。

 

うつ病症状の一環で無い場合は、そこで、それでも気持ちを切り替えて行動する事も可能なのですが。

 

仮に「うつ病」から来てる症状であれば、居ても立っても居られず不要な程、手足を無意味に動かしたり、睡眠中に突然奇声を上げるなどの異常性が認められます。

 

次に億劫感ですが、これが、思いの外厄介なんですよね。うつ病の中で、これが一番、或いは手強いかもしれません。これは、あくまで私の体験ですが。億劫感の中、それでも焦りに背中を押され、何かと手を出してみるのですが、根気が続かないんですよね。

 

趣味と言い・仕事と言い、此処で投げ出したらダメだ!と葛藤する一方で、どんな言い訳使ってでも投げ出してやる!って恐ろしいほど、そこからの「解放」を望んで、行動してる自分が居て。

 

 

億劫のあまり、投げ出したい一心で「出来ない理由」を貪欲に探して逃げて、また何もできない焦りから深く考えもせず、あれこれ手を出し。そんな事の繰り返しで何度転職した事か。恥ずかしくて言えません。

 

うつ病でない人も、勿論、億劫感を感じる事は有ると思いますが、もう既に、度合いから違ってきますね。鬱でない時は取り組み始めれば継続も容易なのですが、うつ病の時はこれが非常に困難でした。

 

最後に憂鬱感について述べて行きます。うつ病を患ってなくても嫌な事があったり・気乗りしない「イベント」があれば、誰もが抱く感情ですね。

 

うつ病患者が抱く憂鬱感には「日内変動」という特徴が有ります。午前中をピークに強く憂鬱感が出てピークを過ぎる午後から夕方に掛け、症状が軽減するものです。

 

こういった特徴を把握した上で、自分自身・或いは周辺の人の違和感に気付き、早期発見・早期治療に取り組んでほしいと思います。

 

辛いうつ病の症状は周りの理解と薬と時間で軽減させましょう、無理して一人で抱えると悪化します

 

うつ病接し方

 

 うつ病の接し方は、うつ病家族のコーナーでも少しお話しましたが、焦らずに、ピリピリせずに患者の気持ちに寄り添うのが大前提になって来ます。

 

家族に限らず、職場の同僚だったり、後輩だったり、周囲にうつ病の人がいる場合は、いえ、周りに居なくても鬱病と言うものを学んで理解してほしいと思います。そして寄り添ってほしいと思います。

 

世間の理解が深まるのは、とても良い事だと思います。どの疾患もそうだと思いますが、まず正しく理解する事が罹患者と、非罹患者の距離を縮めてくれます。

 

 

ただ、安易に励ませないとなると、どう接したら良いか判らなくなってしまいますよね。まして、消え入りそうな瞳で「死にたい」等と訴えられたら相当、内心は取り乱しますよね。その時は、どんなに拙い言葉でも構いません。
「あなたが居なくなったら私は悲しいんだ」という事を、明確に伝えてください。
励ましたり・叱ったりせず、そう、伝えてください。

 

うつ病患者との接し方は本当に色んな注意が必要です。まず、支える側がピリピリしたり、回復が緩慢な事に対し、焦燥感を滲ませたりせず、また、相手の感情に引きずられないように注意しましょう。

 

そして少しでも回復の兆しが見えたら、しっかり評価しましょう。決して他の病んでる部分を指摘したり否定したりしない。

 

うつ病患者の接し方を、まとめましたが、決して容易ではありませんね。まず、支える側の心身が健康でないとなりません。回復に非常に時間が掛かるものと言う知識と併せて、より深いうつ病の知識を身に着ける事が重要になります。

 

うつ病は患者一人の問題ではありません、うつ病患者への接し方を把握し、適度に薬の力を借りましょう

 

うつ病禁句

 

 今更ですが、うつ病の禁句を詳しく挙げて行きたいと思います。時に思いもしない言葉が、うつ病の相手を追い詰める事も無きにしも非ず。

 

基本中の基本となりますが、うつ病患者に向かって「頑張って」はNGワードです。これは広く浸透してると思いますが、え?それもダメ?って言葉がありましたので紹介したいと思います。

 

現在、うつ病の人と濃く接触が有る方は、今一度自分の発言を振り返ってみて下さい。

 

NGワード

ダメな理由・対策

頑張れ

頑張りたくても頑張れないんです

元気そうだね

元気に振る舞わないとならなくて混乱する

元気出してね

元気の出し方が判らなくなってるのでやはり混乱します

プラス思考で行こうよ

気の持ちようでプラス思考に転じられないのが、この病気です。前を向けと言われても、どうすれば前を向けるか判らなくて混乱してしまいます。

少しで良いから前向きになりなよ

気の持ちようだよ

それ位、誰でもある事だよ

うつの時は正常時より過剰に自分を責めてしまう傾向にあります。感情的な発言は絶対に避けましょう。

マイナス思考に拍車をかけてしまったり、この人は結局何も判ろうとしてくれないと信頼関係に亀裂が走る可能性もあります。時には厳しい言葉で励まさないと本人の為にならない!と焦ってしまうかもしれませんが敢えて「一緒にゆっくり治して行こう」と寄り添う言葉を選びましょう。

 

気遣うのにいい加減疲れた

何で折角作ったのに食べてくれないの

何が原因?

甘えるのもいい加減にして

 

うつ病の禁句を避けながら支えるのは大変な労力を要します、自分も崩れてしまう前にこちらを参照ください

 

うつ病急性期

 

 うつ病の急性期について述べて行きたいと思います。シンプルに述べますと一番辛い時期になります。
けれど、必ず回復する為の、通り道に過ぎません。うつ病の完治には長い時間を要しますが急性期の時期が極端に長引くことは有りません。

 

急性期には、主にどんな症状が出て、どのように対応したら良いか説明していきたいと思います。

 

うつ病を発症したばかりの頃って、まず顕著に強く自覚するのが焦燥感ですね。仕方ない事ですよね。つい最近まで一定の生活リズムを刻んで、身支度整え仕事に行ってストレス感じながらも日々を乗り越えて。

 

当たり前にやってきたことが急に出来なくなるんですから。けれど、決して出来なくなったあなたが悪い訳では無いんです。ずっと頑張ってきた脳が少し疲れて休息を求めている時なのです。

 

 

また傾向として出やすいのが自傷行為ですね。全てに希望が持てなくても投げ出したくなって、実際に投げ出しても、自傷行為だけは絶対にしないで下さい。

 

そこから自力で這い上がるのは厳しいので薬の力を借りてみる事をお勧めします。睡眠薬・抗うつ剤・精神安定剤が用いられます。抗うつ剤・精神安定剤と聞くと抵抗を感じる方が殆どだと思いますが、現状、薬の力は必要不可欠になります。

 

また薬の量も簡単に見極めることが出来ませんので、医師と相談の上調整して貰いながら服用しましょう。因みに抗うつ剤は即効性はありません。ゆっくり、凡そ2週間を掛けてジワジワと効いてくれます。効かないイコール合わないという訳では無いので最低でも2週間は様子を診ましょう。

 

どちらにしても定期的な通院と医師との信頼関係は不可欠になります。勝手な判断で薬を中断するのは避けましょう。

 

昨今の薬は改良が重ねられてます。無理せず、うつ病急性期の辛い時期を薬の力も使い乗り越えましょう

 

うつ病保険

 

 うつ病は病気です。でも保険は、どうなってるの?って思いますよね。風邪・内臓の病気・怪我等は疑う余地も無く保険の適応になりますが、まだ理解されてい部分も少なくないうつ病に保険は適応されるのか。

 

大事な人が、家族がうつ病に罹ってしまった。嫌な言いかたですが働けなくなった分、収入は減る訳で、どこまでが保険適応になって、凡そ、どれ位のお金がかかるか目安を調べて行きたいと思います。

 

このストレス社会、自分や家族は絶対にうつ病に何か成らない!なんて保証は有りませんね。統計では100人中3人〜7人がうつ病に罹ってます。決して少なくないですね。

 

では、これから皆さんが最も気に成る点を順に挙げて行きたいと思います。お付き合いください。

 

まず、うつ病とは強い憂鬱が絶えず続き、しかもその状態が1週間以上継続するという特徴が有ります。

 

治療法としては、まず休養を取る事が重要です。真面目で几帳面な人が罹る病気ですので、「休む」という事に抵抗を感じる事と思いますが、簡単ではないと思いますが何とか「休む」決断をしてほしいと思います。

 

休む決断が出来ましたら次は抗うつ剤を用いた治療が行われる場合が有ります。併せてカウンセリングを行われます。誰かに聞いてもらう、誰かに打ち明けるというのも大事なリハビリですね。また再発を防ぐ意味でも、今回のうつ病の原因がどこにあったか、カウンセリングを介しての解明は大事ですね。

 

抗うつ剤・カウンセリングと経ても自殺願望が強すぎたり、日常生活もままならない酷いうつ状態が深刻と判断された場合は入院という事も考えられます。

 

さて、長い前節で引っ張りましたが、ここで取り挙げていきたいのは、うつ病になり受診した場合、医療保険の支払の対象になるのか、もし、うつ病で入院する事に成ったら、お金はどれ位掛かるの?うつ病と診断されても医療保険に加入できるのか、と言った、最も心配になる点についてです。

 

通常、医療機関で保険証を提示した場合、窓口での自己負担額は70歳未満で現役世帯の場合は3割負担で受診できます。入院に関しても、勿論3割負担です。

 

計算しやすい金額で例えを出しますが、一ヶ月で完全自己負担で50万が掛かったとします。けれど、保険証の提示が予めあるので、勿論、窓口請求は50万の3割で15万円です。更に、高額療養制度を申請すれば定められた上限を超えた分に関しては払い戻しが受けれます。詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

 

 

ところで収入が減るという苦労は治療の大きな妨げに
成りますよね。知ってる方も多いとは思いますが公的の保険には「傷病手当金」と言うのが有ります。詳細は、上記で紹介しましたサイトに載ってますので上手に活用してみてほしいと思います。

 

 

 

 

 

今は何も考えず、沈んだ気持ちに敢えて抗わず、肩の荷を降ろし、薬の力を活用してみてください

 
ホーム RSS購読 サイトマップ